知的障害の方のご家族と面談を行いました。

性別:男性 傷病名:知的障害  年齢:20代  就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

お母様が来所されました。ご本人は幼児期から発育の遅れを指摘され、療育相談を受けるなど、地域のサポートセンターを利用されてこられました。サポートセンターのスタッフさんの紹介で病院を受診し、検査を行ったところ、療育手帳の発行ができるかボーダーラインの知的障害、注意欠陥性多動性障害等の診断を受けたそうです。高校卒業後は障害者枠で就職したものの、人間関係がうまくいかず短期間で退職することとなり、今後、自立した生活を送る事が困難な様子を心配され相談に来られました。

社労士によるアドバイス

受給の可能性は低い旨正直にお伝えしました。2級の認定基準に全く該当していないわけではありませんが、そのクオリティを問わなければ概ね自主的に身の回りのことが行えるため、診断書の項目に当てはめたときに日常生活への支障の程度を証明しずらい点がネックになると思われました。障害の本質に理解のある、信頼できる先生に診断書を作成していただく事が受給可能性を高める最重要ポイントであることをお伝えしました。

面談ブログの関連記事