うつ病の方と面談を行いました。

性別:女性 傷病名:うつ病  年齢:40代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

7年程前に、仕事のストレスや人間関係の悩みから、うつ病を発症され、勤めていた会社を退職されました。その後、体調が悪化し入院されたこともあったようです。最近、収入を得るため仕事を開始したところ、忽ち体調が悪化し、2週間ほどで退職となり、現在に至るとのことでした。傷病手当金の受給期間も終了し、収入が全くない為、家族の援助なしでは生活できない状況で、今後の生活にとても不安を感じていらっしゃいました。

社労士によるアドバイス

『障害厚生年金3級』に該当する可能性がある旨をお伝えしました。受給のためには、適切な食事ができないことをはじめ、生活の中で困っていること、できないことを主治医の先生にきちんと理解していただき、その上で日常生活状況が正確に反映された診断書を作成してもらうことが重要であることをお伝えしました。正しい情報をもとに審査が行われるよう、詳細な診断書を作成していただくお手伝いを当センターでさせていただくことになりました。

面談ブログの関連記事