知的障害で障害基礎年金2級が認められたケース

男性(20代/就労継続支援A型事業所利用中)
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:年額780,100円

相談時の状況

お母様が来所されました。

ご本人は高校卒業後に一旦は就労したものの、仕事に対応できず、メンタル不調に陥り退職されていました。障害年金の請求をしようと、市役所で申請書類一式を受け取られましたが、書類の多さと複雑さにご家族も途方に暮れてしまい、当センターにご連絡下さったとのことでした。

社労士による見解

日常生活状況のヒアリングを行う際、お母様がこれまでの出来事や、できないこと、困っていることを書き出して持参してくださいました。

これが、病歴・就労状況等申立書の作成等、様々な場面で非常に役立ちました。 障害年金を受給するためには、障害がない方に比べて何がどの程度できないのか、なぜ自立した生活が困難なのか、障害年金が必要である理由を書類上で明確に示さなければなりません。

知的障害や発達障害の障害年金申請にあたっては、ご本人に代わってご家族が申請準備をされるケースが多くありますが、まずは改めてご本人の障害を「客観的に」整理してみる必要があると思います。まずはその点を明確にし、それを書類で証明していく作業が障害年金の申請準備となります。

受任してから申請までに行ったこと

普通学級で高校まで卒業されていることや、数年間一般就労を経験されていることなどから、食事、清潔保持、金銭管理、対人関係等々の日常生活の状況が正確に審査官に伝わらないと、不支給になってしまう可能性があると感じました。

お母様から伺ったお話を元に、日々の出来事や問題点を文章にまとめ、診断書作成にあたって医師にお渡し、参考にしていただきました。 また、病歴・就労状況等申立書においては、学校や職場ではどのような支援のもとで過ごしていたか、家庭ではご家族がどのようなサポートを行っていたか、その上でどのような問題があったか等を事細かに記載し、現時点では自立して生活することが不可能な状態であることを申し立てました。

結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

受給事例の関連記事