アスペルガー症候群で障害基礎年金2級が認められたケース

男性(20代/無職)
傷病名:アスペルガー症候群
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給金額:年額780,100円

相談時の状況

お母様が来所されました。数年前にご家族が申請され、不支給になってしまったとのことです。
しかしながら、依然自立した生活を送ることが困難な状態が続いており、何とかならないものかとご相談に来られました。

社労士による見解

複数の障害をお持ちの方の場合、障害の種類や重度に応じて、複数の診断書を提出することが可能です。ただし、必ず複数枚出した方がいよいのかというと、そうではありません。

複数枚出すことで初めて受給が認められたり、より上位等級で認定されるケースがある一方で、初診日が変更になる(年金の種類が変更になり受給額が減る、初診日の証明ができずにもらえなくなる)、イレギュラーな書類提出を求められる、仮に受給できたとして更新の手続きが煩雑になる等々、複数枚出すことでデメリットの方を享受してしまうケースもあります。

自分は複数枚診断書を出した方が良いのかわからないという方は、どうぞご相談ください。

受任してから申請までに行ったこと

初めに前回の申請時に提出した診断書の控えを確認させていただいたところ、お母様から伺った生活実態とはかけ離れた内容が記載されていました。

今回の申請では正確な障害状態を診断書に記載してもらうべく、生活・就労するうえで困っていること、できないこと、助けてもらっていること等を書類にまとめ、診断書作成医にお渡しすることにしました。

またこの方は、他にも糖尿病を罹患されており、アスペルガー症候群の為にご自身での投薬や体調管理が充分に行えず、大変な思いをしていらっしゃいました。

精神の診断書1枚だけでは、この方の障害の全てを審査官に伝えることができないと判断し、糖尿病の診断書も作成してもらい、申請を行いました。

結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。

受給事例の関連記事