変形性膝関節症の方と面談を行いました。

性別:男性 傷病名:変形性膝関節症  年齢:60代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前、膝に違和感を感じて近医を受診したところ、変形性膝関節症と診断されたそうです。膝の痛みは徐々に悪化し、結局長年勤めていた職場は退職せざるを得ませんでした。

現在は膝に負担がかからないよう加減しながらお仕事をされており、現在の状態が障害年金に該当するのかどうか、また今後状態が更に悪化した場合どうすべきか、と相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現時点でひざの痛みが消失していることや、重量物の運搬、急激な階段の昇降、長距離歩行といった膝に負担がかかる動作を除いて、ある程度身の回りのことがご自身で行えている状況から、「現時点では障害等級に該当していないと思われます」、とお伝えしました。

認定基準をご説明したところ、ご自身も申請するタイミングは今ではないと判断されました。今後膝の痛みが悪化したり、人工関節を置換した場合には受給可能性が高い旨お伝えしました。

面談ブログの関連記事