慢性腎不全の方と面談を行いました

性別:男性 傷病名:慢性腎不全  年齢:50代  就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

10年以上前に急性腎不全を発症され、緊急搬送されました。

その後、徐々に腎機能が低下し、現在は週3回の人工透析を施行中とのことでした。インターネット等により障害年金の制度自体はご存知でしたが、ご自身が該当するのかどうか、実際に何から進めればいいのかわからないということで、ご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

人工透析施行中とのことで、障害状態としては2級相当であることをまずはお伝えしました。

その上で発病からの流れを詳しくお伺いし、初診日が10年以上前に遡る可能性が高いこと、初診日の客観的な証明が重要であること、遡及請求の可能性、申請にあったての必要書類等々についてお話しました。ご自身で全ての書類を正確に用意することは困難であると判断され、その場で申請代行をご依頼いただく運びとなりました。

面談ブログの関連記事