広汎性発達障害・うつ病の方と面談を行いました

性別:男性 傷病名:広汎性発達障害  年齢:40代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

長年うつ病の治療を受けていらっしゃいましたが、知人の勧めで別の病院を受診したところ、新たに発達障害の診断を受けたとのことです。うつ病による気分の落ち込みに加え、発達障害によるコミュニケーションの難しさもあり、仕事が続かないことを悩んでおられました。就労により安定的に収入を得ることが難しい為、主治医の先生に障害年金の請求について相談したところ、「申請してももらえない」旨言われてしまったとのことでした。

社労士によるアドバイス

この方の場合、現在「治療」を受けているご病気は「うつ病」ですが、どちらかというと「発達障害」によるコミュニケーションの困難さや臨機応変な対応の困難さ等が仕事や生活に多大な影響を与えているという印象を受けました。発達障害による障害年金申請において特にポイントとなるのは、診断書作成医が病気の特性を理解し、生活や就労の状況を正確に診断書に記載して頂くことができるか、という事です。単純に「できる」事柄なのか、「〇〇の環境下(指示の出し方、接し方等)でないとできない」事柄なのか、この違いを主治医に正確に理解して頂かなければなりません。ご本人いわく、「普段の診察時には聞かれたことに答えるだけで、自分の状況はあまり伝えられていないと感じる」とのことでしたので、日常生活状況を文章にまとめ、主治医にお渡し頂くことにしました。

面談ブログの関連記事