40代・うつ病でお困りの方と面談を行いました

性別:女性    傷病名:うつ病、不安障害     年齢:40代      就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前に、息苦しさやめまい、手の震えなどから、心療内科を受診され、うつ病と診断されました。その後、周囲の方の勧めで、別の病院へ転院なさったそうですが、発症から現在まで通院による治療を続けておられるとのことでした。現在は病状のため、フルタイムで働けておらず、情報誌の記事を見かけたご友人からのおすすめで、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在までの症状を詳しくお聞きしたところ、障害等級に該当する可能性が低い旨お伝えしました。本人の認識では、障害等級に該当しない実態ではありますが、診断書作成医が重くとらえている可能性もあるため、まずは相談しやすく、現在の病状について理解が得られる医師に、相談することをお勧めしました。
また、万が一今後体調が悪化した場合に、タイミングを逃さず診断書を作成して頂くためにも、医師に日常生活状況を伝えておくことが重要である旨お伝えしました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます