片足の変形性股関節症を患われている方と面談を行いました

性別:女性    傷病名:左変形性股関節症     年齢:50代      就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

1年前に足の股関節辺りが痛み始めたため、病院を受診したところ、変形性股関節症と診断されました。痛み止めでの治療を行ないましたが、大きな痛みは取れなかったそうです。

そのため、主治医より人工股関節置換手術を勧められ、今年の春に手術を受けられました。現在は以前の職場でパートタイムでの就労を続けておられます。福祉施設での紹介や、情報誌の記事を見て、もしかしたら該当するかもしれない、と相談に来られました。

社労士によるアドバイス

お話を伺ったうえで、障害厚生年金3級の受給可能性があることを、まずはお伝えしました。本来ならば認定日は初診日から1年半待たなければなりませんが、人工関節に置換した方は、手術日が認定日と認められるため、既に申請が可能であることをお伝えました。

加えて、さらに受給の可能性を高めるためには正確な診断書と、病歴就労状況等申立書の内容が重要である旨をお伝えしました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます