40代・パニック障害でお困りの女性と面談を行いました

性別:女性    傷病名:パニック障害、適応障害、抑うつ状態     年齢:40代      就労状況:休職中

相談者の困りごと・面談時の状況

多量の発汗や過呼吸のため、病院を受診。昨年、適応障害の診断をされました。発作や過呼吸などにより出社が困難なため、現在は休職なさっているそうです。相談者様ご本人は、現在の病態を比較的軽いとお考えの様でしたが、主治医の先生は「もうすこし、良くなってから仕事に復帰しましょう」と仰られており、ご本人様も会社に復帰できない病状であることから、休職中の医療費、生活費など金銭面の不安を感じ、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

まずは、初診日と目される受診日から一年半経ってらっしゃらないため、認定日が来ておらず、今すぐの申請は出来ないことをお伝えしました。また、パニック障害だけでは、障害年金の受給は難しく、うつ病の病状を呈していることを、きちんと診断書に医師が明記して下さることが大切であるとお伝えしました。初診日と認定される日を変更する場合、または今後、認定日が来られた時が申請タイミングであるため、最寄りの年金事務所もしくは弊社へ相談していただくことをお勧めしました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます