肺がんの方と面談を行いました。

性別:男性    傷病名:肺がん    年齢:50代      就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

一昨年頃、肺がんと診断され、手術を行いました。しかし、骨に数カ所転移しているのが分かり、足の骨が痛むため、放射線治療と、点滴での抗がん剤治療を行われているそうです。現在は投薬で痛みを抑えながら、就労されているそうですが、病気と抗がん剤の治療のため、以前よりも疲れやすくなってしまい、調子の悪い日は薬でも動けるようにならないため、現在の病状で受給が可能なのか、どの様な手続きが必要なのか、をご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在までの症状をお聞きしたところ、フルタイムで就労なさっているとのことで、現在の障害の状態は軽い御様子でした。また、初診日が厚生年金の可能性が高い、ということでしたが、現在の病態では今申請を行った場合、受給の可能性は低い旨をお伝えしました。今後もし症状が悪化し申請することになった場合、受給の可能性を高めるポイントとして、ご本人の症状を診断書作成医に十分理解していただくこと、はっきりと重篤な病状を呈しているタイミングで申請を行うことが重要であることをお話しました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます