20代・知的障害をお持ちの方の保護者の方が来所されました

性別:女性    傷病名:知的障害     年齢:20代      就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

幼少期から知的障害と分かっていたため、特別支援学校に通っており、高等部卒業後は自身と周囲の意向により、グループホームで生活しています。通院していた小児科での診療が終了した以後は、定期的な通院はありません。卒業後からは就労実習でお世話になった会社で、障碍者雇用枠で就労しています。療養手帳を取得しており、将来的なことも考え、現在の状態で障害年金が受給できるのか、どの様な手続きが必要なのか、ご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの症状を詳しくお聞きしたところ、この方の場合は、二十歳前に初診日があるため、自動的に障害基礎年金に該当し、周囲による支援の程度から、単独での生活や、一般就労はまず難しい、と思われるため、障害基礎年金2級の可能性があることをお伝えしました。また、申請にあたっての必要書類等々についてお話し、自身で全ての書類を正確に用意することは困難であると判断され、その場で申請代行をご依頼いただく運びとなりました。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます