50代・うつ病の男性と面談を行いました

性別:男性   傷病名:気分障害(うつ病)    年齢:50代     就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

20年ほど前にうつ病を発症し、それを理由に仕事を退職されました。それ以後、治療を継続しながら、就職を何度も試みましたが、鬱の症状のため、継続して一つの職場で働くことが出来ていません。現在はコロナの影響で求人が減ったため、無職だそうです。金銭的な不安や、今後の自分の生活のために障害年金の受給を考え、年金事務所に行かれましたが、書類作成と申請手続きの複雑さに不安を覚えられ、専門家にお手伝いが依頼したいとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

ご持参いただいた資料を拝見し、現在までの症状をお聞きしたところ、病状が現時点では障害等級に該当しないと思われる旨お伝えしました。また、万が一、今後病状が悪化した場合には、ご自身と御家族、お医者様の病態認識に齟齬がある状態では受給が難しくなるため、まずは担当のお医者様と、正確な病状や困り事などを適宜共有することが重要であり、同様の理由で弊社へご依頼いただく場合は診断書の依頼を行う前にご連絡を頂きたい旨をお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます