アスペルガー症候群の方のご家族と面談を行いました

性別:男性 傷病名:アスペルガー症候群  年齢:20代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

20歳になられた時にご自身で申請をされ、不支給になったことがあるそうです。障害年金は一度諦めて、就職をされましたが、元来のコミュニケーションの難しさ、こだわり等があり、職場に適応することは困難でした。加えてこの方は別の内科疾患もお持ちで、不調になっても言い出せない、不調の原因を伝えられない等の悪循環で、心身共に疲弊されているご様子でした。

社労士によるアドバイス

ご自身で申請された時の診断書のコピーをお見せ頂いたところ、自立した社会生活を送る上で支障となっていること、実際の生活で困っていること等が、読み取れませんでした。お母様曰く、当時は診断書を受け取り、内容を深く確認せずに提出してしまったとのことでした。さらに、日常生活の状況について診察時間内で事細かにお伝えはしていないとのことでした。障害年金の診断書において必要なことは、「日常生活を送るうえでの支障、できないこと、難しいことを正確に記載して頂くこと」です。お医者様は言うまでもなく医学の専門家であり、病気を治す(安定させる)為に尽力して下さいますが、だからといって、千差万別の患者さんの日常生活状況を、言わずとも察して下さるわけではありません。どういう場面でうまくいかなかったのか、何をするときに困るのか等、診断書作成に必要な情報をまずはお伝えすることが大切です。

面談ブログの関連記事