40代・うつ病の方が相談に御来所されました。

性別:男性  傷病名:うつ病 年齢:40代    就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前に、家族間含む人間関係のストレスが原因で心を病み、かかりつけの内科で「うつ病」と診断されました。仕事も手につかず、生活を一人で維持できなくなったため、昨年長年住んでいた東京から、実家へ帰ってきましたが、それ以降は病院に行かず、自宅で療養を続けています。薬を出来るだけ飲みたくないため、あまり内科からも処方してもらっておらず、日々不眠に悩まされています。「障害年金」という制度があると知り合いからお勧めされ、可能性があるなら、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

頂いた書類やヒアリングの内容から、まずは初診日をはっきり必要があるため、診断を下した内科の先生に「何時、どの様な診断を下したのか」について一度詳しく聞いていただく必要があること、申請を検討されているなら診断書の作成は避けて通れないため、早急に精神科の先生の診察を受けて頂く必要があること、の二点をお伝えしました。また、お体の具合自体は、等級に該当する可能性がございましたので、その旨お伝えし、弊社へ代行をご依頼いただく場合は、診断書を担当のお医者様に依頼する前にご連絡下さい、とお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます