うつ病、パニック障害の男性と面談を行いました

性別:男性 傷病名:気分障害、パニック障害 年齢:40代    就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

大学に在学中にパニック障害、うつ病を発症しました。具合のいい時は普通に仕事が出来ますが、ひと時発作が起きると、毎日のように発作が起き会社へ出かけていくことも出来なくなってしまうため、就職し、病状が悪化して通えなくなって辞める、というサイクルを繰り返しており、現在も病状が悪化し、退職してから1年近く働くことが出来ないでいます。
金銭的な不安もあり、何とか受給することはできないか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在までの経緯や病状を詳しくお聞きしたところ、パニック障害は障害年金の対象外のご病気であり、うつ病の病態で見たときにも、残念ながら現時点の病状では障害年金の等級には該当しない旨をお伝えしました。病院の先生ともあまりお体の具合について事細かに共有されておらず、軽くとらえられているご様子だったため、もし今後症状が悪化し申請することになった場合には、ご本人の症状を診断書作成医に十分理解していただくこと、はっきりと重篤な病状を呈しているタイミングで申請を行うことが重要であることをお話しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます