双極性障害の方のご家族から再申請に関するご相談を受けました

性別:女性 傷病名:双極性障害 年齢:30代    就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

自分で障害年金の申請手続きを行ないましたが、初診の証明が出来ず、不支給の通知を受け取りました。というのも、10年程前に初診があり、数回しか受診しなかった病院のため、カルテが残っていなかったからです。家族が、再審査請求を提出しましたが、こちらも同様の理由で棄却されてしまいました。ご本人の病態では就労は難しく、何とか障害年金を受給することはできないかと、ご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの病態や経緯をお聞きしたところ、申請の主たる棄却理由は初診日が証明できない点にあり、次点がお体の状態、ということが分かりました。はじめに、この時点でご家族とご本人に出来ることは①障害年金の受給をあきらめる②再申請をおこなう、の2択であるであるとお伝えし、再申請を念頭に置いてヒアリングを行いました。しかし、お聞きした限り申請の難易度はとても高く、ご自身で行われるより専門家にご依頼いただいた方が受給の可能性が上がる思うが、それでも受給の可能性は高くない、と正直にお伝えしました。その上で、もし申請をご依頼される場合は診断書作成の前に、とお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます