自閉症でうつ病を患われている男性のご家族と面談を行いました

性別:男性 傷病名:自閉症スペクトラム、鬱、潰瘍性大腸炎 年齢:20代    就労状況:アルバイト

相談者の困りごと・面談時の状況

高校生の時にうつ病を発症し、通えなくなったため中退しました。その後通院による治療を続けていましたが、「障害年金の申請を検討している」と医師に伝えた所、「自閉症スペクトラム」とも診断されていたことを知りました。今一番困っているのは、鬱の症状です。また、強いこだわりなどからストレスがかかり、鬱の症状、潰瘍性大腸炎が悪化する為、普通に働くことが出来ません。病気とどうにか付き合いながら生きていくために、どうにか障害年金がもらえないか、と御来所されました。

社労士によるアドバイス

まず頂いた書類やヒアリングの内容から、ご家族とお医者様の認識が同じだと仮定した場合、残念ですが、障害基礎年金の受給可能性は低いと思います、とお伝えしました。また、お話とお聞きした限り、どこからがご本人の障害で、どの程度一人暮らしになった際に生活支障が出るものなのか、についてきちんと認識してらっしゃらないご様子でした。そのため、まずは「できないこと=本人の障害」が何なのかをご家族とご本人に正確に認識して頂き、それを適宜担当のお医者様に共有して頂くことが、障害年金の受給可能性を上げるために必要です、とお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます