血液疾患をお持ちの女性とそのご家族と、面談を行いました

性別:女性 傷病名:紫斑病 年齢:20代    就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

幼少期から紫斑病を患われており、現在まで継続して通院、治療を続けています。普段は激しい運動でなければ、生活に支障はありませんが、病気の影響で出血すると止まりづらく、月のものが来る1週間は動けないため、一ヵ月の1/3~4を定期的に休むことになる為、正社員として働くことが出来ません。そのため、安定した収入も望めず、医療費もかかってしまうため、なんとか障害年金が受給できないか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

御体の具合について、詳しくお聞きしたところ、まず、20歳前に初診がある病気のため、重要なのはお体の具合が等級に該当するかどうかがポイントだと判明しました。その為、まずは検査結果が重要になる為、具合の波がある場合は、より障害状態が明確にわかる病状のタイミングで検査を受けることが重要であるとお伝えしました。そのうえで診察時間が短いのであればなおのこと、先生に現在の病態について、正確に把握して頂くことが重要になる為、診察の際に、先生と現状や悪い時の病態について共有していただくことが、障害年金の受給可能性を上げることになると思います、とお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます