50代・脳梗塞の男性と面談を行いました

性別:男性 傷病名:心因性脳幹梗塞 年齢:50代    就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

10年前に脳梗塞になり、入院しましたが、その後、何とか生活が出来る程度まで回復ました。しかし、右半身にしびれがのこり、排尿障害や、言語障害などの後遺症に悩まされています。寒い日は、特にろれつが回らず、半濁音が発音出来ません。理解のある職場へ就職できたため、なんとか働くことが出来ていますが杖やコルセットなどの補助具を使用してなんとか日常生活を送れているような状態です。何とか障害年金を貰うことはできないかとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

ご持参いただいた書類を拝見し、現在の病態について詳しくお聞きしましたが、現時点の病状では、音声・言語機能で見ても、肢体の障害としてみても、障害等級に該当する可能性は低い旨をお伝えしました。無いのが一番ではありますが、今後もし症状が悪化し申請することになった場合に受給の可能性を高めるポイントとして、ご本人の症状を診断書を作成される医師に十分理解していただき申請を行うことが重要であることをお話しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます