20代・躁うつ病の女性が相談に来られました

性別:女性 傷病名:躁うつ病 年齢:20代    就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

大学在学時に慣れない環境や、アルバイトでのストレスにより、何も出来ずやる気がおきない状態と、活動的で注意力散漫な状態が交互に起こり、正常な日常生活が送れなくなったためメンタルクリニックを受診し、躁うつ病と診断されました。何とか大学を卒業し、就職をしましたが、職場になじめず、症状が悪化したため、退職することになりました。就学、就労等のタイミングでうつ病を発症している為、現在経済的に困窮しており、障害年金を受給するためにはどうしたらいいのかとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの経緯や現在までの病状を詳しくお聞きたところ、二十歳前に初診日がある為、貰えるとすれば障害基礎年金であること、現在の病態が、お聞きした通りならば、障害基礎年金2級に該当する可能性がある旨をお伝えしました。その上で、もしご自身で申請される場合は、具体的で詳細な申立書の作成、も重要だが医師に書いていただく診断書が大体の等級を決めてしまうため、まずはご本人が認識している現状と、同じ状況を医師に認識して頂くために、診察の際にきちんと問診に応え、病状を医師に伝えて頂くことが最優先事項であるとお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます