30代・アスペルガー症候群の男性と面談を行いました

性別:男性 傷病名:アスペルガー症候群、発達障害 年齢:30代    就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

自分自身はよく覚えていませんが、25歳頃に障害年金を申請し支給されていました。しかし、更新の時に提出した診断書がもとで、支給停止になったため、再度診断書を作成してもらい、支給停止事由解除届を提出しました。しかし、支給停止を解除しない旨の通知が届いたため、困っています。躁鬱の症状や、パニックなども起こすため、一般就労は難しく、何とかまた障害年金を貰う手立てはないかとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在までの経緯と、年金機構に以前提出された診断書を拝見したところ、まず、残念ながら支給停止は妥当な審査であることをお伝えしました。次に、現在の病態について詳しくヒアリングを行った所、診断書の内容について、いくつか本人の認識が先生の認識よりも悪い項目があり、日常生活能力についても一つ重い可能性がある、ということをお伝えしました。その上で、もし再度の申請を検討される場合は、しっかりと話を聞いて下さる医師に、現状について正確に共有を行い、診断書を書いていただくことが重要であるとお話ししました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます