精神遅滞の方のご家族が相談に御来所されました

性別:男性 傷病名:精神遅滞 年齢:20代   就労状況:就労中(障害者枠)

相談者の困りごと・面談時の状況

幼少の頃から発語、発育に遅れがあり、物を覚えることが苦手なため、勉強も出来ませんでした。高校の担任から療育手帳の取得を薦められ、知能検査を受けたため、B判定の療育手帳を所持しています。その後、障害者向けの就労支援施設に入所しました。現在は障害者枠で有期契約のアルバイトをしています。母や姉の献身的な支援があって日常生活が成り立っており、今後の生活に不安を感じ、障害年金の申請をしたいと、御来所されました。

社労士によるアドバイス

頂いた書類やヒアリングの内容から、障害厚生年金の受給可能性がある旨をお伝えしました。その上で、申請することになった場合には、受給の可能性を高めるポイントとして、知的障害は発病日が出生日になるため、病歴就労状況等申立書を出生日から詳細に記入すること、診断書の内容が大変重要になる為、担当医の方に診断書を書いていただく際には、ご本人の症状を理解して頂くため、頻繁に病状の共有を行うこと、の二点を、お伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます