自律神経失調症の女性が相談に来られました

性別:女性 傷病名:うつ病、自律神経失調症 年齢:30代   就労状況:アルバイト

相談者の困りごと・面談時の状況

精神的に調子を崩し、心療内科を受診したところ、「うつ病」と診断され、会社を休むように指示されました。会社へ傷病手当金のた目に提出した診断書には「自律神経失調症」と書かれていますが、先生は「うつ病」だと言います。具合の悪い時は、布団から出ることが出来ず、食事も食べれません。病院から睡眠薬と抗不安薬含め8種類ほど薬が出ていますが、ついつい飲みすぎたり、お酒と一緒に飲んでしまうこともあります。障害年金がもらえる可能性があると聞き、相談のために御来所されました。

社労士によるアドバイス

現在までの経緯や、病状について詳しくお聞きしたところ、まず障害厚生年金を受給できる可能性が高いことをお伝えしました。また、初診からずっと同じ病院にかかって居られるため、すでに認定日も過ぎていることから、遡及請求の可能性もあることをお伝えしました。しかし、最終的には担当の医師が書かれる診断書の内容が重要になってくるため、まずは担当の医師に現在の病態を正確に共有して頂き、その上で申請を行って頂く様にお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます