30代、うつ病の男性が相談に来られました。

性別:男性 傷病名:うつ病 年齢:30代   就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前にうつ病を発症し、休職をしていました。昨年秋頃に職場に復帰したものの、うつ病が治ったわけではないため、記憶力の低下や抑うつ症状のせいで以前と同じようには仕事が出来ませんでした。部署を数回移動しましたがうまくいかず、会社と相談し、障害者雇用枠へ移り働くことになりました。就労は続けることが出来ますが、以前と比べて額は減少し、医療費ばかりかさみます。ネットで検索したところ、障害年金という制度があることを知り、何とか受給することはできないか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの病歴や、現在の病態について詳しくヒアリングを行った結果、まず現在の病態では障害年金の受給可能性は高くない旨をお伝えしました。次に、本人から「手帳の診断書には~と書いてある」というお話があったため、障害者手帳と障害年金というのは全く別の制度であることをお伝えしました。また、現在の病態がご本人の認識通りであるならば残念ながら3級、または3級非該当の可能性が高いことをお伝えした上で、もし申請を検討される場合は十分にお医者様へ現状と病態についての共有を行っていただき、申請をして頂くことが重要とお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます