人工股関節を挿入された男性と面談を行いました。

性別:男性 傷病名:両側特発性大腿骨頭壊死 年齢:50代   就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前から足が痛み出し、痛み止めの薬を服用しながら経過を見ていましたが、一向に痛みがなくならなかったため、昨年CTをとり、その結果変形がみられたため、大きな病院で診てもらった方がいい、と総合病院を紹介されました。紹介先の病院で検査と診察を受けた結果「両側特発性大腿骨頭壊死」と診断されました。人工股関節の置換手術を受けましたが、現在も立ち上がる際や、座る、片足で立つ、などの動作に支障が出ます。障害年金を受給できないか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの病歴と、現在悩まれている病状について詳しくお聞きました。その結果、初めに病院に行かれた日が厚生年金の期間であり、人工関節を挿入されているため、障害厚生年金3級の受給可能性がある旨お伝えしました。また、人工関節は手術し置換を行った日が認定日になる為、1年の遡及請求ができる可能性もあることもお伝えしました。障害年金の制度と申請手続きの方法もお伝えさせていただきましたが、就労中であり、自身で申請を行うのは難しいと、提出代行のご依頼をお受けしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます