30代、パニック障害をお持ちの女性が相談に来られました。

性別:女性 傷病名:パニック障害、うつ病 年齢:30代   就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

何年も前から、体の不調は感じていましたが、会社の健康診断で何も問題が出ないため、放置していました。一昨年、ついに我慢できないほどになり、もしや精神的なものではないかと思い、病院を受診しました。結果、パニック障害と診断され、うつ病の病状もある、と言われました。パニック障害のため、仕事を続けることが出来ず、退職し、その後アルバイトも始めてみましたが、発作で倒れてしまったため、現在無職の状態にあります。うつ病と発作のため就労は難しく、金銭的にも不安があり、相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在の病状と、今までの経緯を詳しくお聞きした結果、受給可能性は、高くない旨をお伝えしました。具体的には、現在の病態では3級または3級非該当相当であり、受給できるかどうかのボーダーラインに位置していると思われるからです。また、傷病名も受給の上で重要なポイントであり、パニック障害だけの場合、障害年金の対象外になってしまうため、申請の際は医師に「うつ病の病態を示している」と診断書に明記して頂くことが必須である、とお伝えしました。その上で、申請をご検討される場合は、まず主治医に「うつ病の病態を示している」と診断書にかけるかどうかを確認してみてください、とお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます