てんかんをお持ちの男性のご相談を受けました。

性別:男性 傷病名:てんかん 年齢:40代   就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

以前から意識を失うことはありましたが、生活に支障はなく受診はしませんでした。しかし就職後、疲労がたまると商談中に意識が途切れるようになったため、病院を受診したところ、てんかんと診断されました。仕事に支障が出てしまうため障害者枠で働くことになり、収入は大幅に減少しました。投薬による治療を続けていますが、月に数回意識を消失する発作が起こり、お湯を沸かすことも出来ず、歩行中や公共交通機関の利用にも危険が伴うため、外出も儘なりません。将来的な生活の不安からご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在の病態と今までの病歴を詳しくお聞きし、はじめに障害年金の受給可能性は高い旨をおつたえしました。可能性が高い理由としては、初診日が厚生年金であること、薬物治療を行っているにもかかわらず、月に数回意識を消失する発作が起きていること、障害者雇用で配慮と制限を受けながら就労されていること、があげられます。障害年金の申請手続きについて詳しくお伝えしたところ、ご自身では手続きが難しいだろうということで、代行のご依頼をお受けしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます