てんかんをお持ちの方のお母様が相談に御来所されました。

性別:男性 傷病名:てんかん 年齢:20代   就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

実家暮らしで就労中のご子息についての相談でした。中学生の頃に、てんかんの診断をされ、それから治療を継続しています。現在は服薬で発作が抑えられていますが、病気により運転ができない為、正社員になれず、収入が少ないことが悩みです。現在も、薬に副作用などで、起きることが出来ないなど日常生活に支障が出ており、一人暮らしは現状では厳しい状態です。今後の生活への金銭的な不安から障害年金が受給できないか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの経緯や、現在の病態ついて詳しくお聞きしたところ、残念ながら現時点では等級に該当する可能性は低い旨をお伝えしました。頂いた書類とお聞きした内容の限りでは、現在の状態では要件は満たしていない可能が高いことをお伝えしましたが、お母様は障害年金の受給を切望されており、日常生活に支障が出ていることは事実でした。そのため、主治医の方が病状を重くとらえている場合もあることをお伝えし、まずは長年受診している主治医に障害年金の申請について相談をしてみることをお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます