パーソナリティ障害をお持ちの女性が面談に来られました。

性別:女性 傷病名:パーソナリティ障害、うつ病 年齢:40代   就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

以前から、こだわりが強く些細な事から職場でトラブルになることがありました。徐々に職場にいるのがつらくなり、気分が落ち込むことが増えたため、病院を受診し「パーソナリティ障害」「うつ病」と診断されました。その後、何度か就職を試みましたが、うまくいきませんでした。現在は夫の扶養に入っており無職の状態です。金銭的な不安から、障害年金は受給できないかと考え、弊社のHPからお問い合わせいただきました。

社労士によるアドバイス

まず初めにお伝えしたのは「パーソナリティ障害」は障害年金の対象外のご病気である、ということです。

通常、障害年金は「日常生活への支障度合い」で審査をされる為、病名で弾かれることはないありませんが精神のご病気に限っては「神経症、人格障害は原則対象にならない」と明記があるためです。ただ「精神病の病態を示している」場合、例外として対象になります。具体的にはうつ病や統合失調症の病態を示している場合などです。

この方の場合、等級に該当するかどうかの前に「主治医から診断書に、うつ病の病態を示していると書いていただけるか」が大変重要になって来る為、まずは主治医に「障害年金の診断書を書く場合、病名は何か」「うつ病の病態であると明記して頂けるか」と確認することをお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます