高次脳機能障害の方と面談を行いました

性別:女性 傷病名:高次脳機能障害  年齢:60代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

数年前に脳梗塞を発症され、障害が残ってしまったとのことでした。面談では肢体の機能障害の状態をお聞きするところからスタートしましたが、ご相談者様が何気なくこぼされた「物忘れ」という言葉から細かくお話を伺ったところ、生活への支障が最も大きいのは、高次脳機能障害による記憶障害や遂行障害等であることがわかりました。

社労士によるアドバイス

現在高次脳機能障害での通院はしていない為、高次脳機能障害の診断を受けた障害認定日当時の病院を再度受診し、現在の状況を医師に理解していいただいた後、診断書を作成してもらうことをお勧めしました。

面談ブログの関連記事