心臓に疾患をお持ちのお嬢さんのお母さまがご相談に御来所されました。

性別:女性 傷病名:先天性心室中間欠損、完全房室ブロック、ペースメーカー 年齢:20代   就労状況:学生

相談者の困りごと・面談時の状況

生まれたときに、「心臓の病気の疑いがある」として県内の専門病院を紹介され、受診しました。検査の結果「中間欠損」と診断され、1歳頃空いている大きな穴をふさぐ手術を行いました。また5歳の頃、手術中に心室細動を起こし、ペースメーカーを挿入しました。現在は軽度の症状があり、激しい運動は出来ませんし、定期通院も行っていますが、何とか普段は普通の学生として大学に通うことが出来ています。しかし、将来のことを考えると、医療費もかさむため、なにか準備できる慣らしておきたい、とご来所されました。

社労士によるアドバイス

現在の病状と、今までの経過について詳しくお話を伺ったところ、ご病気は先天性であり、二十歳前の障害であることが分かりました。そのため、まずは渡辺様が該当する可能性があるのは障害基礎年金であることをお伝えしました。次に、ペースメーカーを挿入されて何とか日常生活に支障なく生活できていることから、現時点で障害年金を受給するのはきびしいと正直にお話しました。無いのが一番なのですが、もし、万が一(ないのが一番なのですが)今後体調が悪化し、CRTを挿入される、または日常生活に支障が出る様になれば、障害年金の等級に該当する可能性が変わってくるため、その時またご検討されることをお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます