膀胱がんでストーマを造設された男性が相談に御来所されました。

性別:男性 傷病名:膀胱がん 年齢:50代   就労状況:就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

ホームページを御覧になり、もしかしたらもらえるかもしれないとご連絡下さりました。一昨年くらいに健康診断で引っかかり、かかりつけの病院に行ったところ、要検査ということで大きな病院を紹介されました。紹介状を持って受診した病院で膀胱がんと診断され、入院し手術を行うことになったそうです。現在はストーマを造設され、定期的に通院とご自身でのストーマのメンテナンス以外は以前と変わらずフルタイムで就労している状態です。貰えるとは聞いたが、本当に働いていても貰えるのか、少し時間が経ってしまったが以前の分からもらえるのか、とご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

ご来所される前に、ご自身で障害年金について調べておられ、制度についてはとてもよく理解されているご様子でした。それゆえに、ストーマを造設していても「フルタイムで就労出来ている」という点に不安を感じておられるご様子でした。そのため、まず初診日が厚生年金の加入期間ですので、該当するとすれば障害厚生年金であり、最低でも3級とされる病状に当てはまれば障害年金がもらえること、をお伝えしました。さらに、心配されている就労状況と日常生活への支障に関しても、認定基準に「尿路変更術を施したものは3級と認定する」と記載がありご持参いただいた診断書から「確かにその手術を受けたことが分かる」ことをお伝えしました。一緒に確認したことでもらえる可能性が高いことをご理解いただき、現在も普通に就労されているため、ご自身では手続きに時間を割区ことが難しいということで、代行依頼をお受けしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます