うつ病の男性の審査請求の御相談を受けました。

性別:男性 傷病名:うつ病 年齢:40代   就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

HPを御覧になり、ご相談のお電話をくださいました。昨年、ご自身で障害年金の申請を行われたそうですが、診断書を実態より軽く書かれてしまい、先日不支給通知を受け取ったそうです。受け取った診断書に何点か明らかに実態と違う部分があったため、年金事務所へ提出を行う前に、本人から明らかに実態と違う部分の書き直しを要求したそうですが、高齢のケースワーカーさんに断られ、断るだけでなく「社労士へ相談するな、迷惑だ」と言われたため現在の病院に大変不信感があり、転院も検討していると憤っておられました。働くのは難しい為、障害年金を受給したいとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

今までの経緯と現在の病態をお聞きし、まずお伝えできることとして、現時点で諦めること以外にできることは①審査請求を行う②再申請を行うの2通りであることをお伝えしました。また、書類を見せて頂いた結果、確かに不支給決定は妥当であることをお伝えし、ご本人の認識通りでも障害等級に該当するかどうかのボーダーラインであるため、審査請求をすることは可能ですが、再申請の方が受給可能性は高いと思われる、と正直にお伝えしました。次に、障害年金の審査は書類審査であるため、以前申請した際に提出された診断書が実状と大きくかけ離れているのであれば、もちろん治療が最優先であることはお伝えしましたが、今後の生活のことも考えると、ご本人が仰る通り転院も選択肢の一つとしてあり得るとお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます