てんかんと知的障害をお持ちの女性のご家族が相談に御来所されました。

性別:女性 傷病名:てんかん、知的障害 年齢:20代   就労状況:施設に通所中

相談者の困りごと・面談時の状況

今年で二十歳になられるお嬢さんが知的障害とてんかんをお持ちとのことで、「何か制度があった気がするが、覚えていない。詳しく聞きたい」とご家族が相談を決められたそうです。お嬢さんは高等支援学校を卒業後、現在まで介護施設に通所中であり、夜間は薬を飲んでいても、てんかん発作が酷いとのことでした。知的障害の状態も軽くはなく、「2.3歳程度の会話しかこなせないので…」と心配しておられました。お嬢さんの将来を心配し、障害年金を受給したいと相談にご来所されました。

社労士によるアドバイス

現在までの経緯や、病態を詳しくヒアリングさせていただき、まず、障害基礎年金の等級に該当する可能性が高いことをお伝えさせて頂きました。理由としては、お嬢さんが療育手帳のAをお持ちだということと、意識を失うてんかん発作が薬物治療を行ってもなお、高頻度で起こっていることが挙げられました。申請方法や必要書類に関しても詳しくお話しさせていただきましたが、ご家族はお仕事で忙しくとてもじゃないが自身で手続きは難しい、とのことで申請代行をご依頼いただきました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます