発達障害をお持ちの男性のご家族が相談に来所されました。

性別:男性 傷病名:発達障害 年齢:20代   就労状況:支援施設で就労中

相談者の困りごと・面談時の状況

今年で20歳になる息子さんについて、お母さまがご相談に来られました。市の療育検診で少し不調があることを指摘され、それ以後は支援機関に通い訓練を受け、小学校、中、高校は支援学校に通っていました。現在は、障害者向けの支援施設に通所し、月数1,000円程度働いています。発達障害と診断されてはいますが、筋力不足により手先が不器用で細かい作業は出来ません。息子さんの将来を考え、障害年金を受給する方法が知りたいとご相談に来られました。

社労士によるアドバイス

現在までの経緯や障害状態について詳しくお聞きすると、事前にお母様からお聞きしていた内容よりも、障害状態が重い可能性があることが分かりました。先天性のため、2級以上でないと障害年金には該当しないことをお伝えしたうえで、実態としては受給可能性はありますが、実態を正確に反映した診断書が出てこなければ受給は難しいとおもいます、と正直にお伝えしました。また、発達障害と分かってからは病院には通っていない、ということでしたので、まずは病院を受診して頂き、現在の病名をはっきりさせていただき、その上で現状を先生に正確に把握して頂くことが障害年金の受給に必要だとお伝えしました。ご家族では申請が難しいということで、申請代行をご依頼いただきました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます