双極性感情障害の女性が旦那様と相談にいらっしゃいました。

性別:女性 傷病名:双極性感情障害 年齢:50代   就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

職場での対人関係などのストレスが重なりうつ状態となって会社を退職しました。
退職後も気持ちが沈む、布団から起き上がれ無いなど症状が悪化して心療内科を受診しました。
その後も過食や自傷行為、死にたい気持ちが強いなどがあったため紹介状をもらい別の病院を受診しそこで医療保護入院をしました。

現在は自宅から外来に通院中です。
障害者手帳が交付されたのを受け、障害年金も受給できるのではないかと思い相談に来られました。
ただし、現在の主治医の先生、病院のケースワーカーさんからは受給の可能性は低いのではないかと言われたそうで、心配されていました。

社労士によるアドバイス

無料相談にて、詳しく現在の日常生活状況を伺ったところ、家事や各種手続き等、一人では適切にできないことが多く、受給の可能性は十分にあると感じました。

障害年金はどれくらい生活に不自由があるかという部分が重要になるため、主治医の先生から診断書を作成していただくときには
実際に不自由していることの実態に即して先生にお伝えすることが重要になることをご説明しました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます