障害認定日に病院を受診していないと障害年金を申請することはできなくなりますか?

質問

障害認定日(初診日から1年半後)に医療機関を受診していません。
その場合、障害年金は申請できませんか?

答え

障害認定日での請求をしようとした場合、原則障害認定日以後3ケ月以内の診断書が必要になります。
今回のケースについて障害認定日以後3ケ月以内に医療機関の受診をしていないということであれば、診断書を取ることができず認定日での請求はできません。

ただし、現時点で法令に定める障害状態にあれば「事後重症」での申請をするという方法もあります。
事後重症とは障害認定日に法令に定める障害の状態に該当しなかった方でも、その後症状が悪化し、法令に定める障害状態になった時には障害年金を申請し受け取ることができる制度で、障害認定日から65歳に達する日の前日までの間であれば誰でも請求することができます。
病院から現在の状態についての診断書を書いてもらい障害年金の請求をします。
請求が通れば請求日の翌月から障害年金を受け取れるようになります。

1分間受給判定

ここでは、ご自身が障害年金をもらえるかどうか簡単な診断を行えるよう質問を用意しました。

是非試してみて下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

1.あなたは20歳以上65歳未満ですか?
はいいいえ

2.具合の悪さが原因で日常生活や働くことへの支障がありますか?
はいいいえ

3.簡易判定ではなく詳しいアドバイスをお求めですか?

障害年金の専門家があなたに合った回答を無料で行います!
はいいいえ

3番にて「はい」とお答えの方はご連絡先(電話番号)をご記入願います

個人情報保護方針

メールの設定でドメイン拒否(迷惑メール拒否などのためPCからのメール拒否等)
してありますと受信が出来ません。【info@chuetsu-shogai-nenkin.com】のドメインが
受信できるように、メールの指定受信設定の変更をお願いします。

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます