40代・うつ病の女性とZOOMでの面談をおこないました。

性別:女性
傷病名:うつ病
年齢:40代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

既にご自身で申請に必要な書類を揃えており、あとは診断書を主治医の先生に依頼するという段階でのご相談でした。
申請には診断書の内容が重要であるということをお調べになっており、その部分について専門家に相談したいとのことでした。

また、障害認定日の時点で受診していた病院が閉院しているため受診していたとう証明書を取ることができないが、認定日に遡っての請求ができるかどうかのご相談もいただきました。

社労士によるアドバイス

現在の日常生活について詳しくヒアリングさせていただいたところ、一人でできることについてはかなりの制限があることが分かりました。
今の実態を正しく医師に伝えて診断書を書いてもらえば受給の可能性は高いことをお伝えしました。

また、遡っての請求に関しては、お話しを聞く限り今回のケースではかなり厳しいため、現在の状況についての診断書を書いてもらって申請するというのがよいのではないかと思いますとお話ししました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます