コミュニケーション障害でお困りの方が相談にいらっしゃいました。

性別:男性
傷病名:発達障害
年齢:20代
就労状況:休職中

相談者の困りごと・面談時の状況

中学生の頃に発達障害を疑い、病院を受診しました。
その際に発達障害についてグレーの診断を受けました。

その後は特に日常生活で困る事もなく過ごしていましたが、就職してから他人とうまく関われない、仕事がうまくいかず長く続けられないなど困る状況が多く発生するようになりました。

社労士によるアドバイス

初診日が中学生(20歳未満)である場合、受給できる障害年金は障害基礎年金のみとなります。
障害基礎年金を受給するには障害等級2級または1級に該当することが必要です。
現在の状況を詳しく伺うと、良いことではありますが、2級以上に該当するのはかなり厳しいように思うと正直にお伝えしました。

また初診日が10年以上前である為、初診日の病院でカルテを保存していない可能性も高く、一度病院に診断書を書いてもらえるか確認することをお勧めしました。
また、この方の場合、社会的治癒の考え方が当てはまる可能性もあり、その場合、20歳を過ぎて初めて病院を受診したときに厚生年金に加入していた場合、3級以上に該当すれば障害年金を受給することができます。

年金事務所で年金の納付要件を確認いただくことを併せておすすめしました。
それらを確認頂いた上で必要な際はまたご連絡をくださいとご案内しました。。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます