発達障害で申請し、一度不支給になった方の親御さんが相談にいらっしゃいました。

性別:男性
傷病名:社会コミュニケーション障害
年齢:20代
就労状況:就労準備中

相談者の困りごと・面談時の状況

息子が20歳になってすぐに自分たちで障害年金の申請をしましたが、不支になりました。
再申請をしたいと思っていますが、制度に精通している方に話を聞いてもらい、受の可能性があれば代行を依頼したいと思っています。

社労士によるアドバイス

まず、障害年金不支給の理由を確認させていただいたところ、「等級不該当」 のため不支給だったことが分かりました。
それを踏まえて、 現在の日常生活の様子やお困りのことを詳しくヒアリングさせていただいたところ、絶対とは言い切れないものの2級に該当する可能性があると思われました。

障害年金では主治医の先生が書かれる診断書の内容がとても重要です。
残念ながら、実際に困っていることを先生に伝えきれず、実際の障害よりも軽い内容の診断書が出来上がり障害年金が不支給になってしまう方もいらっしゃいます。
相談者様が現在お困りになっていることを適切に主治医の先生に伝えてそれを診断書に書いていただければ受給の可能性があると思うとお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます