統合失調症になり、自分で障害年金の申請をしたものの不支給になってしまった方からご相談です。

性別:女性
傷病名:統合失調症
年齢:40代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

2年ほど前に統合失調症と診断されました。
自分で障害年金を申請しましたが不支給になってしまいました。
現在は仕事を辞めて療養中です。
症状は落ち着いては来ましたが、まだ働けるまでには至っていません。

収入もなく生活に不安があるので、改めて障害年金の申請をしようと考えていますが、今度は専門家に聴きながら進めたいと思っています。

社労士によるアドバイス

お持ちいただいた不支給決定通知書を確認させていただいたところ、不支給の理由は等給不該当(障害の程度が障害等級に該当しない)ということでした。

障害年金の審査においては、診断書に書かれている内容がとても大きな割合を占めます。
診断書に実際の障害状態が反映されていれば問題ないのですが、中には主治医の先生に障害によって困っている状態が伝わりきらず、実際よりも診断書に軽く書かれてしまう方もいらっしゃいます。
そのような場合は、実態としては障害等級に該当していても、不支給の決定をされてしまう場合も少なくなりません。

今後は、ご自分で再申請の準備をされるとのことでしたので、診断書を主治医の先生に作成してもらうときには、障害によって困っていることを具体的に伝えて障害の実態を反映した診断書を作成してもらうことがひとつの重要な点ですとお伝えしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます