双極性障害で現在、療養中の男性と面談を行いました。

性別:男性
傷病名:双極性障害
年齢:30代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

3年ほど前から、突然ひどい動悸やめまいなどの症状に襲われることが多くなりました。
当時は乗り物を扱う職業に就いていたため、安全の観点から会社から退職を促され仕事を辞めることになりました。
退職前から現在まで精神科への通院と療養を続けていますが、症状が良くならず働くこともできません。

収入が無い状態が続いていて今後の生活への不安も大きく障害年金を受給できるか相談したいと思いました。

社労士によるアドバイス

はじめて精神科を受診してから現在まで症状はほぼ変わらず、働けない状態が続いていました。
詳しくお話をうかがうと、パニック障害もあり現在も突然パニック発作の症状が襲ってくることがあるため外出もままならず、働くこともできない状況でした。
また、日常生活においても、家族の方が食事など身の回りのほとんどの事をしてくれているので何とかなっているものの、1人では日常生活もままならない様子でした。

それらを踏まえ、障害年金受給の可能性は高いと思う旨お伝えしました。
また、現在も含め障害認定日(初診日から1年6カ月後)時点にも精神科に定期通院していらっしゃったとのことで、障害認定日時点に遡って年金を受給できる可能性があることもお伝えしました。

ご相談者さまからは申請代行をご依頼いただき、サポートさせていただくことになりました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます