気分変調症でお困りの方が相談にいらっしゃいました。

性別:女性
傷病名:気分変調症
年齢:30代
就労状況:休職中

相談者の困りごと・面談時の状況

2年ほど前に、精神的な不調で心療内科を受診したところ気分変調症と診断されました。
2年ほど同じ病院に通っていましたが、病院の都合でこの度転院することになりました。
朝に強い吐き気があり、一日を通してずっと気分がすぐれない状態が2年続いています。
一度、この症状が出てから就職したことがありましたが、朝起き上がれず突発欠勤してしまうことが何度も続きすぐに退職することになりました。

自身の収入もなく不安な状態が続いているため、障害年金を受給できる可能性があれば申請したいと思い相談しました。

社労士によるアドバイス

無料相談をお申込みいただいた段階では「気分変調症」と主治医の先生から診断されたと伺っていました。
しかし、面談時には主治医の先生のご都合で別の病院に転院されており、そこでは「身体表現性障害」と診断されたとのことでした。
「身体表現性障害」は原則として障害年金の対象外となります。
しかし、「ただし、その臨床症状から判断して精神病の病態を示しているものについては、統合失調症又は気分(感情)障害に準じて取り扱う」(※統合失調症や気分障害は障害年金の対象となります)と障害年金の認定基準には定められており、絶対に障害年金の対象にならないとも言い切れないものでした。

ご相談者様の状態が障害年金の認定基準に該当するか否かは主治医の先生が判断することになりますので、障害年金の申請については、主治医の先生に一度相談してみることをお勧めしました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます