統合失調症で一度自分で申請したものの、不支給になってしまった方から相談を受けました。

性別:女性
傷病名:統合失調症
年齢:40代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

3年ほど前に統合失調症の診断を受けたとのことです。
以前、ご自分で申請したことがあり、その際には不支給になってしまったとのことでした。

確実に受給したいとの考えから、改めて申請するにあたって専門家に申請代行を依頼しようと考えてご相談にいらっしゃいました。

社労士によるアドバイス

ご相談者様のもとへ支給決定の通知が届いてから既に3ケ月以上経過しており審査請求できる期間が過ぎていました。
そのため、今後の選択肢としては、申請書類をはじめから作り直して申請するか、申請自体をあきらめるというものになります。

前回の不支給理由を確認させていただいたところ「等級不該当」が理由だったことが分かりました。
今回改めて申請する場合、現在の障害状態が障害等級に該当する状態であることが必要になります。

そこで、現在の日常生活状況などをヒアリングさせていただいたところ、統合失調症の症状はほぼでなくなっており、前回申請時よりも日常生活も問題なく過ごせているとのことでした。
お話をうかがった限りでは、こちらの主観にはなりますが、障害年金受給の可能性はかなり低いと思われることを正直にお伝えしました。

それらを踏まえ、申請するか否かについては相談者様とその支援者の方と相談してから判断されるということになりました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます