強迫性障害とうつ病でお悩みの方が相談にいらっしゃいました。

性別:女性
傷病名:強迫性障害、うつ病
年齢:40代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

10代の頃に強迫性障害の症状で精神科に通院していました。
症状が軽くなったので一旦は通院が終了となりました。
その後10年間は精神科や心療内科にかかることなく過ごしていましたが、会社に勤めているときに人間関係が原因でうつ状態になり、会社を退職しました。
現在は心療内科に定期通院をしています。

将来への不安が大きく、障害年金を受給したいと考えています。

社労士によるアドバイス

会社を退職後に、障害者手帳を取得されていました。
日常生活などについて詳しくお話をうかがうと、比較的体調が良いときは、社会的な手続きを一人で行ったりとある程度、自立した生活を送れる印象を受けました。
しかし、うつ状態の時にはベッドに上からほぼ動けないような状態になってしまい、家族の援助がないと日常生活を送ることが難しいご様子でした。
以前勤めていた仕事もうつ状態になって出勤できないことが重なり辞めざるを得なくなってしまったとのことでした。

障害年金の受給の可能性については、あくまでも対応者の主観的な判断になってはしまいますが、決して高いとは言えないものの申請してみる価値はあると思うということをお伝えしました。

相談者様は一旦、帰宅してご家族と相談した上で、後日申請代行の依頼をしてくださいました。

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます