以前に申請したものの不支給になってしまった方から相談をいただきました。

性別:女性
傷病名:軽度知的障害
年齢:20代
就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

娘さんの障害についてお母様が相談にいらっしゃいました。過去に自分たちで障害年金の申請書類を作成・提出したところ不支給になってしったそうです。

当時、提出した診断書について、実際の障害状態よりも軽く書かれていると感じつつもそのまま申請したとのことでした。

また、実際の障害状態も前回申請時よりもさらに悪化してしまったため、再度申請をしたいということでご相談をいただきました。

 

社労士によるアドバイス

お母様に前回の障害年金不支給理由について確認させていただくと「等級不該当」つまり障害状態が障害年金を受給する程度には重くないとみなされたと言うことでした。

しかし、実際に娘さんの日常生活の様子や生活をする上でのお困りごとを詳しく伺うと、娘さんが1人で生活していくことはほとんど不可能なように思われました。また、前回申請したときよりも、日常生活を送る上での困難が増えていらっしゃるとのことでした。

一度不支給が決定した障害に対し、改めて申請を行う場合、前回申請した時よりも障害状態が悪化していると客観的にわかる主張をする必要があります。

いまの主治医の先生に、前回申請時よりも明らかに障害状態が悪化しているということ把握していただいたうえで、それらを反映した診断書を作成いただければ障害年金受給の可能性があると言うことをお伝えしました。相談者様からは申請代行を依頼していただきました。

 

お問い合わせフォーム

お名前

ふりかな

メールアドレス

メールアドレス 再入力欄

お電話番号

生年月日

ご住所

性別

傷病名

ご相談内容

個人情報保護方針

あなたにオススメの記事

無料訪問サービス実施中 無料訪問サービス実施中 たくさんのありがとうが届いてます たくさんのありがとうが届いてます