躁うつ病の方と面談を行いました

性別:女性 傷病名:躁うつ病  年齢:30代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

10年以上前の学生時代に発症され、途切れることなく通院・服薬を継続されていらっしゃるそうです。

症状の波が大きく、特に悪いときには救急車で緊急搬送されたり、2度の入院を経て現在に至るとのことでした。

社労士によるアドバイス

現在は比較的症状が安定しているご様子でしたが、それは現在仕事をお休みし、家族がそばにいるというストレスのかからない環境で過ごすことができているからであって、環境が変わればまた悪い状況に戻ってしまうことが容易に想像できるということでした。

精神疾患の認定においては、現在の状況だけではなく、症状の経過(病相の期間、頻度、症状の変動状況)なども充分に考慮されます。

従って、審査官が正しい情報をもとに審査が行えるよう、症状の経過や予後を含めて詳細な診断書を作成していただくことが最重要ポイントであることをお伝えしました。

面談ブログの関連記事