双極性障害のご家族の方と面談を行いました

性別:男性 傷病名:双極性障害  年齢:40代  就労状況:休職

相談者の困りごと・面談時の状況

奥様が来所されました。最寄りの年金事務所にて障害年金の相談をされ、すでに初診(と思われる)病院で受診状況等証明書を作成済でした。続いて、障害認定日当時受診していた病院で診断書の作成を依頼したところ、「このときは職場復帰していた時期なので、書いたとしても障害年金はもらえませんよ」、と作成を断られてしまったそうです。

社労士によるアドバイス

体調を崩されてから現在までの経緯を詳細に伺ったところ、受診状況等証明書を作成したA診療内科よりも前に、不眠や不安発作等を訴えてB内科を受診し、度々抗不安薬の処方を受けていたことがわかりました。当時の症状や、両病院受診の間隔がほとんど開いていないこと等から、障害年金上の初診日はA内科と考えるのが妥当である旨をお伝えし、ご支援のもと改めて受診状況等証明書と診断書の作成を進めていくことになりました。

面談ブログの関連記事