下肢難治骨折の方と面談を行いました

性別:女性 傷病名:大腿骨難治骨折  年齢:50代  就労状況:無職

相談者の困りごと・面談時の状況

白血病の治療中に大腿骨を骨折され、治療ができないまま症状が固定してしまったとのことです。階段を上ることができないため、1階での面談となりました。2本の松葉杖なしには全く歩行ができず、とても苦労されていましたが、以前ご自身で障害年金を申請され、障害等級不該当にて不支給になってしまったそうです。当初「大丈夫だろう」とおっしゃっていたMSWさんが、診断書ができた途端「難しいかも・・」と態度が変わったこと等から、ご自身の状況が正確に審査官に伝わったのかどうか、今も心にひっかかっているとのことでした。

社労士によるアドバイス

お体の状態や日常生活状況を詳細にお聞きしたうえで、障害等級に該当していると判断しました。下肢障害の場合、「その足を歩行に使用できるかどうか」は一つの重要なポイントです。この方の場合、片足を自分の意志で動かすことや体重を乗せることが全くできないため、歩行時に使用することができない=「一下肢の用を全く廃したもの」という障害認定基準に該当していると判断しました。まずはご自身で申請された際の提出書類一式を取り寄せ、不支給となった原因を特定した後、正確な診断書を用意して再度申請を行うことになりました。

面談ブログの関連記事